宮は、セラの話に敵のs

25. května 2017 v 10:23
お前、その話を信じたのか?
お前の目の前で、高麗の鬼神チェ・ヨンが
子を殺めたのか?
亡骸は、目にしたのか?」

「信じるも何も、
村を襲われ・・・
何人も、目の前で殺された・・・

そして・・・私の子も・・・
亡骸は・・・誰も見せてはくれなかった・・・
余りにも悲惨な姿だと・・・」

「それは、いつの話Neo skin lab 代理人だ・・・?」

「紅巾が、皇宮を占拠したころだ。」

チェ尚宮は、セラの目を真っ直ぐに見つめ
落ち着いた声で聞いた。

「あり得ぬ・・・
お前、騙されたな・・・」

「何を根拠にそのようなことをいう!」

セラが、チェ尚宮の言葉に声を荒げた。

「彼奴は、その頃、開京から一Neo skin lab 電話歩も出ておらぬ。
いや、出ろと言われても動きはしなかった・・・」

「なぜ、そのようなこと・・・
あの頃は、高麗中、兵士が
好き勝手していたではないか!」

セラは、チェ尚宮の言葉を疑いの目で聞いていた。

「お前は・・・何も知らNeo skin lab 代理人ないからだ・・・」

チェ尚宮は、悲しみの色を瞳に浮かべ、
そのまま尋問の部屋を後にした。
 

Buď první, kdo ohodnotí tento článek.

Nový komentář

Přihlásit se
  Ještě nemáte vlastní web? Můžete si jej zdarma založit na Blog.cz.
 

Aktuální články

Reklama