Květen 2017

宮は、セラの話に敵のs

25. května 2017 v 10:23
お前、その話を信じたのか?
お前の目の前で、高麗の鬼神チェ・ヨンが
子を殺めたのか?
亡骸は、目にしたのか?」

「信じるも何も、
村を襲われ・・・
何人も、目の前で殺された・・・

そして・・・私の子も・・・
亡骸は・・・誰も見せてはくれなかった・・・
余りにも悲惨な姿だと・・・」

「それは、いつの話Neo skin lab 代理人だ・・・?」

「紅巾が、皇宮を占拠したころだ。」

チェ尚宮は、セラの目を真っ直ぐに見つめ
落ち着いた声で聞いた。

「あり得ぬ・・・
お前、騙されたな・・・」

「何を根拠にそのようなことをいう!」

セラが、チェ尚宮の言葉に声を荒げた。

「彼奴は、その頃、開京から一Neo skin lab 電話歩も出ておらぬ。
いや、出ろと言われても動きはしなかった・・・」

「なぜ、そのようなこと・・・
あの頃は、高麗中、兵士が
好き勝手していたではないか!」

セラは、チェ尚宮の言葉を疑いの目で聞いていた。

「お前は・・・何も知らNeo skin lab 代理人ないからだ・・・」

チェ尚宮は、悲しみの色を瞳に浮かべ、
そのまま尋問の部屋を後にした。

自分の目の前に立っac

19. května 2017 v 8:14
何故・・誰・・どうして・・
頭にそんな疑問が浮かんだが、彼の瞳を見た途端、信じられない感覚に襲われた。
黒曜石の様な深い夜の色。
その瞳の奥に隠れる闇より濃い赤・・
まるで人間を支配しようとする魔王。
いや、神話の世界から舞い降りた神の化身。
気を許せば、無意識に引き寄せられる。

「ウ・・ウンス、ウンス、おい。」
「えっ?あ、先輩。」
男の声に、現実から離れた意識が引き戻された。
「誰だ、知り合いか?」
「はい、い、いいえ、そうじゃなくて・・」
そう、自分の記憶が正しければ・・
彼は貧血男。
「患者さんです。」
ウンスの言葉に黒曜石の瞳が一瞬揺れる。
「何だ、そうだったのか。」
「ええ、偶然ですね、えっと・・チェ・ヨンさん?身体はもう平気ですか?」
ウンスは動揺を隠そうと必死に作り笑いを浮かべ男の顔を見上げた。
だがヨンの態度は、あくまで患者と医者という立場で接しようとする彼女とは逆だった。
「偶然じゃない・・」
親し気にウンスの耳元に顔を近づけ、そして甘い声で呟く。
「はい?」
「約束したはずだ、昨夜。」
「や、やく・・約束?!」
昨夜って・・
確かに彼を診察した。
いつもの様に輸血を・・そして、その後は・・
ウンスはおぼろげな記憶をたどった。
だが輸血をしたところまでしか思い出せない。
「おい、ウンス、どういうことだ?」
「あ、私にもさっぱり・・」
キム先輩の機嫌が悪くなったのが分かる。
当然と言えば当然だ。
初めてのデートに見ず知らずの男が現れ、約束が如何の聞かされれば、このQV嬰兒場を立ち去っても不思議じゃない。
「あ、先輩、違います、誤解しないでください。」
ウンスは慌てて彼の誤解を解こうとした。
「誤解?」
「はい、この人の勘違いです、約束なん激光脫毛優惠てした覚えはない・・」
はず。
彼女の頭の中に、一瞬ある記憶が甦った。
信じられない思いで男の顔を見上げる。
あれは夢?
耳元で聞こえた甘い囁き。
自分の唇を奪う熱い口づけ。
そして・・
「きゃあぁぁ!!」
ウンスは叫び声を上げて立ち上がった。
「ウンス?!」
「うそ・・夢よ夢、全部夢よ、そんな楊婉儀幼稚園 拖數事あるはずがないわ。」
一気に体が熱くなる。
「ウンス・・」
そう、この声だ。
「やっと・・」
肩に触れる冷たい手・・
「思い出したか?」
闇だ、この声、この手・・すべてが闇。

ルバ゗トj

11. května 2017 v 10:36
「ゕルバ゗ト」はもともとド゗ツ語で「仕事」という意味であるが、日本では40年ほど前から楊婉儀幼稚園、学生の副業の意味として使われるようになった。 現在、日本の大学生の90%以上がゕルバ゗トを経験しているという。そしてゕルバ゗トのために学校を休む学生も多いそうである。 授業はやぼってもゕルバ゗トにはいく東芝 冷氣機。そういう大学生たちは何のために働いているのだろうか。あるゕンケート調査によると、大学生のゕルバ゗トは、サービス、販売など第3次産業の仕事が多い。そして、「どうしてゕルバ゗トをするのか」というPanasonic濾水器質問に対しては「海外旅行をしたいから」「車を買うため」